GEブログ

自分の知識が皆様の役に立てればと思います。Twitterもやってます。Twitter ID GE(shota.nakahara)

野球上達理論【素振りの効果】

 

素振りの効果

 

野球、テニス、剣道などなど

 

上記の練習方法の中に素振りという練習がありますよね

 

色々な練習器材や方法が新しくなっている中で素振りというものは無くならないと思いませんか。それは素振りに唯一無二の効果があるからかもしれません。

 

少し医学的観点からお話をしていきましょう

 

素振りをすれば運動の正確性が上がる

野球ならボールをとらえる確率がテニスならストロークのコントロール

当たり前じゃん!と思われたかもしれませんが続きを見てください。理解しているかどうかで日々の努力の考え方が変わるかもしれませんよ

 

私たちの身体は脳の働きによって意図したとおりの動き、自由自在に行えますが

相手がいるスポーツは実はちょっと違うんです。

 

多くの方は今から実際に行う運動を頭で計画して「よしこんな風に動こう!」そして動きが始まると思っているかもしれませんが実は違います。

 

スポーツに限った話ではないですが私たちの身体は1回1回運動を行う度その運動を記憶しているのです。

どういうことかというと

 

素振りの運動パターンを身体が覚える手順

 

1⃣ 1回行った運動を肘・肩の曲がりは何°でこの筋肉はどれくらい働いてという風に解析して運動の記憶を行います。

 

2⃣ 毎回、同じ運動をしているようで身体の環境が変わっています。例えば筋肉の疲労がどれくらいでとか。筋力が知らずに上がってたりとか。関節の柔らかさとか。もっというなら風や重力なんかも関係しているかも。そのため、同じような運動でもブレやズレが生じます。

 

3⃣ 繰り返し同じような運動を繰り返すことでこういう身体の環境の時はこんな風に動かせば意図した動きに近い状態にすることができます。つまり応用力が身につき正確性が上がるということです。

 

ここまでは反復練習の効果となっています

それだけでも十分素振りを行う意味はあると思うのですが

ここからが素振りの効果です

 

4⃣ 同じ振り方だけでなくその状況に応じた色んな振り方を行う。例えば外角の球に対しての振り方やテニスなら高い打点や低い打点の振り方など

すると色んな振り方を記憶(ストック)することができる。

 

5⃣ 実戦で例えば外角の球が投げられた場合、自分の脳が勝手にこの状況に適した運動は~ っと選んでくれます。あとは実際にスイングしながら微調整を脳が行っています。

 

 

大体わかってきましたかねー

 

結語

経験したことのない状況が生じたら

新たに運動プログラム(1⃣の肘の角度はーとかのやつ)を立てなきゃいけないので対応が難しくなります。

なので色んなパターンの動きをたくさんストックしておくと対応がより簡単になるわけですね。似た動きを引きだして微調整するだけですから。

 

だから初めて経験するようなすごい相手に対応できないのです

 

実戦練習だけでいいのか

 

実戦練習だけしておくのが一番いいじゃん

確かに実戦もいいと思います。ですが試合ばかりして上手くなるかって話ですよ

 

 

素振りのいいところ

素振りのいいところは回数という経験値を確立できるところにあります。

試合では運動パターンを得る機会が少ないです。

いっぱい運動パターンをストックして実際に試してみるのが効率がいいと思います。

 

一回打つ間に素振りは何回出来るでしょうか。

1人でもできるという点も大きな魅力かもしれません

 

ただ気を付けてほしいのはだらだらやる素振りによって運動を記憶してもその動きを使う機会がないため無駄となってしまいます。

 

ちなみに天才というやつは運動記憶(ストック)の中から的確に選び抜き、さらに微調整の幅が大きいため対応力がすんごいです。

 

 

以上が素振りを行う目的や効果といったところでしょうか

 

みなさんもたくさんのパターンの素振りをして上で書いてあることを意識するだけで結果が表れるかもしれませんよ。

また、効果を知ることで努力することに意欲が湧くのは間違いないんじゃないでしょうか。

 

今回はここまで、ありがとうございましたー

 

筆者は野球を趣味でやっているので

今度は野球に特化した練習方法でも書いてみようかな

プライバシーポリシー