GEブログ

自分の知識が皆様の役に立てればと思います。Twitterもやってます。Twitter ID GE(shota.nakahara)

野球上達理論【バッティングフォーム】

 

 

バッティングフォームに正解はない

 

指導者から『もっとこうしなさい。あぁしなさい』って言われた経験ないですか?

 

野球が上達するうえでバッティングにしても守備にしても走塁でもフォームは非常に重要なものです。

しかし、バッティングフォームはプロ野球やメジャーを見てわかるように多種多様でこれといって正解はありません。

 

人によって身体の構造も違うので身につけるべきフォームというのも変わってきます。

 

ここではフォームに迷っている方におススメの記事となっています。

 

バッティングフォーム

最初に元も子もないようなこと言いますが、打てりゃ形はなんでもいいんです。

さっきも言いましたが打ちやすい方法は人によって様々なのでこれといって決まりはありません。

現に昔はダウンスイング一択だったのに対して今ではフライボール革命とかいって柳田選手みたいなアッパースイングが流行っていますしね。

 

一番重要なのは気持ちよく振りぬけるかだと思います。

 

小さくスイングしたからといってミート力が上がるわけでもなく、大きくスイングしたからといって遠くまで飛ばせるかといえば否です。

(例)柳田選手 大きなスイングで割と打率残してる

  おかわり中村選手スイング小さいしフォロースルーも大きないのにホームラン量産

 

大事なポイント

・自分の身体にあったスイングができているか

・気持ちよく振りぬけるか

・振り続けて痛みはないか

・実戦で当たっているか

 

実戦で当たるかに関しては形を固めて確実性を上げないことにはなんともいえませんが

みなさん素振りをすると思いますがきちんと素振りの効果も理解しましょうね。

 

 

www.awachan.work

 野球上達理論【素振りの効果】 - GEブログ


 

 

構えのポイント

上から順に

・バットヘッドの位置(バットを寝せるか上げるか)

・グリップの位置(上下左右)

・身体の曲がり具合(前傾姿勢か真っすぐか)

・構えの高さ(膝の曲げ具合)

・足の開き(スタンスの広さ)

・足の位置(オープンかクローズか)

 

 

上記の5点を微妙に変えながら気持ちのいいスイングの感覚を得よう。

メジャーではバットを寝せてステップも小さく無駄な動きを省くのが主流な気がします。しかし、これは外人の腕力あってこそかもしれないしすべてが日本人にも適しているとも言えません。

今は日本人の体格も外人のそれと遜色ないほどになってきているので体格によって変えていくべきではないでしょうか。

 

 

スイングのポイント

・バットの軌道(ダウン・ミドル・アッパー)

・バットの出方(ドアスイングかたたんで振るか)

・フォロースルー(小さくするかどうか。スイング後に手を放すのか)

・重心位置(軸足に体重を残すのか前にいくのか)

これらのことを意識して調整してみよう

 

日本ではスイング時に軸足に体重を残してミートポイントを後方に持ってくるのが主流なようですね。長くボールを見れるし色んな球に対応できるというメリットはあるかもしれません。

一方でメジャーでは軸足に体重が残っていない選手も多いようです。メリットとしてはパワーが伝わりやすい前の位置でボールをとらえることができますし重心移動分の力が上乗せされ飛距離が上がるかもしれませんね。

 

身体的特徴ごとのおすすめ

身長が大きい手足が長い人

基本的に大きいやつは構えも大きくとった方がいいでしょう。手足が長ければそれだけ小さく振るとたたむのに時間がかかるし身体の構造上力をボールに伝えるためにはバットが大きな軌道を描かなくてはなりません。

 

・身長が低く手足が短い人

低く構えても足の関節にかかる負担は小さいためボールをより直線状でとらえることができます。また、スイングが小さくても手足を折りたたむのにかかる時間は短くなるしコンパクトなスイングで力を伝えることができます。

 

・間違わないで!!

今、紹介した振り方は一般的にという話で冒頭でも言ったように人の骨格は多種多様で関節の柔らかさも人によって違います。あくまで自分にあったスイングは自分で見つけるしかない!

プロ野球選手も時代によってフォームが変わってきているでしょ。

特徴的な人でいえば落合さんや中村紀洋さん、今でいうと山田哲人選手や柳田選手、山川選手とか基本と言われているものから大幅に逸脱していると思います。

彼らも高校時代からこうだったわけではなく『youtubeを見てください』試行錯誤を繰り返してこの形になっているようです。

 

理学療法士の私的にはイチロー選手や前田智徳選手の打ち方が万人の理にかなった打ち方かなぁと思っています。

 

とはいっても基本は大事

先代の野球経験者たちが築いてきた基本とされるものは重要となります。

例えば

・目線はぶらさない

・足腰が早く開かない

・手打ちにならない

などなど

 

これらはボールをとらえるうえで非効率的であるためやめた方がいいということなので守るべき事項かと思います。

 

 

以上がバッティングフォームを見つけ出すうえでの必要なことでした。

 

みなさんもこれじゃなきゃダメという固定概念から抜け出すことによってバッティングが開花するかもしれませんよ(^^♪

プライバシーポリシー