GEブログ

自分の知識が皆様の役に立てればと思います。Twitterもやってます。Twitter ID GE(shota.nakahara)

冷え性の原因はこれだった【すぐに実践できる解消法】

f:id:awachanel:20191004211107j:plain

寒さに耐える女性

冷え性の原因はこれだった【すぐに実践できる解消法】

寒い時期だけではなくエアコンの風などにより年中冷え性に悩まされている女性も多いはず。女性が冷え性を訴えている割合って実に7割以上の女性だと知っていましたか?

なぜこんなにも冷え性に悩まされる女性が多いのか。運動不足?食事の問題?ストレス?これらの疑問に答え解決策へと導く記事となっております。

あなたの方法は本当にあっていますか?ちなみに寝るときに寒いからと靴下を履くのは全くもって逆効果です。理由は下記参照。

 

冷え性ははっきり言って治せるものです。その方法を紹介しますので是非立ち寄ってください。

 

 

 

 

冷え性の原因

人間は恒温動物といって気温の変化とともに一定の体温を保つために血液の流れを変化させたり汗をかいたりします。

例えば寒さを感じると血管を縮めて血液の流れを遅くすることで体内の熱を逃がさないようにしたり、筋肉を震えさせて熱を産生したりします。反対に熱いときは血流量を増やし熱を外に逃がしやすくし汗をかいて、身体の熱を冷ましたりします。

冷え性はこれらの体温調整メカニズムが狂うことにより生じる現象だと思って下さい。

 体温調整を阻害する要因を見ていきましょう。

 

f:id:awachanel:20191005161454j:plain

引用:くすりと健康の情報局 より

 

 

自律神経の乱れ

体温調整というのは私の意識とは別に勝手に身体が行うもの。つまり自律神経によって制御されています。

 ストレスや不規則な生活などにより、体温調節の命令を出す自律神経がうまく機能しなくなります。また、常に室内の空調が効いていると、室内外の温度差が激しくなるため、自律神経の機能が乱れます。そのため夏でも冷え症になる人もいるのです。

 

 

皮膚から伝わる感覚の乱れ

極端なスキニーパンツなど皮膚を圧迫するほどの衣類は皮膚の感覚を麻痺させ温度感覚がでたらめになってしまい適切に体温調整がうまく行えなくなる場合があります。

締め付けのきつい下着や靴なども同様です。

 

 

血流の滞り

血中の脂肪蓄積や血管の閉塞あるいは硬化している場合は血流が滞ります。そのため、血液を増大させたり減少させたりという働きが鈍くなります。結果、体温調整が生じにくくなってしまい無駄に汗をかいたり冷え性になるのです。

 

 

筋肉量が少ない

筋肉は大きければ大きいほど1回の運動で使う熱産生量が多いのです。女性は筋肉量が少ない方が多数のためちょっとの運動では身体が温まりきらないことがあります。

運動不足により筋肉量が落ちていることも要因の一つでしょう

 

 

女性ホルモンの乱れ

ストレスなどの精神的負担が大きくなるとホルモンバランスが乱れます。特に女性はホルモンバランスの変動が多い生き物ですので少しの乱れが体温調節に大きく影響することもあるようです。

 

 

f:id:awachanel:20191005161519j:plain

引用:くすりと健康の情報局 より
冷え性の原因は生活の不規則が主となっています。一般的に健康的な生活を送っていれば冷え性はほぼ治るものといえるでしょう。

 

 

 

冷え性の対策

この記事をご覧になっている方はすでに冷え性に悩まされている方がほとんどかと思いますので対策方法が一番知りたいところですよね。

食事、運動、生活の見直しと順を追って説明していきますね。

 

 

食事で大事なポイント(とるべき成分ビタミンE)

【ビタミンE】
ビタミンEには血液増進作用が含まれていますので積極的に摂ることをおすすめします。

 玄米、白米、サツマイモ、ジャガイモ、アーモンド、落花生、枝豆、カボチャ、キュウリ、ニンジン、トマト、ニラ、ホウレンソウ、ピーマン、オリーブオイルなど に含まれる

 

冷たい飲み物、食べ物を控える
冷たいものを摂取すると内臓の機能が落ちて代謝量が減ります。結果、熱産生量が減りますので冷えを感じていしまいます。
できるだけ暖かいものを食べるように心がけましょう。

 

 

食事をとるタイミングに気を付けよう
基本的に食事は1日3食決まった時間に食べるのがいいとされています。私たちの身体は習慣化しやすいので胃腸などの内臓も決まった時間に食べることで腸内リズムが整い消化作用を助ける働きがあるからです。

また、朝食は必ず食べましょう。日常生活での体温は、早朝に最低となり、起床・朝食後に急激に上昇し、その後夕刻前に最高になった後、ゆるやかに夜下降していくという形で変動します。

朝食は1日の活動に向けて代謝を高め体温を上昇させるという意味があります。毎朝の食事は規則的に、温かく消化のよい飲食物を摂取することが大切です。そして夜間は、入浴後の冷たいビールなど低温の飲食物を避けましょう。

 

 

 

 

 

運動で大事なポイント(筋肉量と基礎代謝に着目)

 

無理なダイエットに気を付けましょう
女性は同じ身長・体重の男性に比べて筋肉量が10%ほど少ないため、体内で作る熱産生率もその分低くなります。
では女性の体温は低いかというとそうでもありません。男女とも午後の体温は同じくらいです。
女性は男性よりも体脂肪の割合が約10%高く、体脂肪が断熱材の役割をすることで、熱産生量の少なさをカバーしています。
つまり、女性が体温を維持するため適度な筋肉と体脂肪は欠かせないものなのです。若い女性の冷え性の原因の多くはは無理なダイエットによる摂取エネルギー不足と、筋肉・体脂肪の減少、そして過度な女性ホルモンの変動によるものと言われています。

 

 

運動による対策
筋肉を動かすことによって熱産生を起こし体温を上昇させます。具体的に何をすればいいかというと朝起きて軽い運動をしましょう。1分程度で終わって十分かと思います。朝というのは筋肉も眠っていて熱産生率が低い状態です。筋肉を起こしてあげるだけで1日の代謝量があがり体温上昇も見込めます。
僕のおすすめはラジオ体操です。理由は誰でも同じように全身くまなく運動・ストレッチができるから。

また、エレベーターを使わずに階段を使用するのもいい方法でしょう。冷え性に困らないためには絶対的に筋肉量が必要なため日頃の運動も大事となってきます。ウォーキングやスクワットといった運動も効果的です。

腕や足を大きくしたくないですって?大丈夫です。元々、女性は筋肉つきにくい身体になっていますし、筋肥大を起こすためには筋疲労の限界に3回くらい達さないといけませんので多少の運動ではマッチョになりません。むしろ引き締まった美ボディが手に入るでしょう。美ボディを目指したい方は自宅でボディメイクをする方法もあわせてお読みください。

 

 

 

 

生活で大事なポイント(間違った対策を知ろう)

 

お風呂に入ろう
これは大体みなさんわかるかと思いますがお風呂に入ることで温まります。その際の注意点としては熱いお湯にサッとつかるよりも40℃程度の心地よいお湯にゆっくり時間をかけてつかる方が効果的です。
昨今はお風呂につかる人が減っていますが冷え性対策のためにできるだけ多く入りましょう。忙しい人でも週2~3回は入ることをおすすめします。

 

 

 

重ね着に注意しよう
寒いからといって重ね着をたくさんすると体内の汗の蒸発を妨げ、水滴となって逆に局所的に冷えが生じてしまうので控えましょう。たくさん着るよりもホッカイロや腹巻といった温まるアイテムを活用すると良いでしょう。今はすごいアイテムがたくさん出ていますので予算の範囲内で購入しましょう。

特に足先は汗をかきやすいので靴下重ね履きはNGです。

 

  

寝るときの注意点
重ね着と同じ理論なのですが寒いからといって重ね着をたくさんすると体内の汗の蒸発を妨げ、水滴となって逆に局所的に冷えが生じてしまいます。さらに汗というのは運動している時以外で寝ている時間で最も生じるのでモコモコ素材を着て寝るのは控えましょう。
特に多いのが靴下を履いて寝ること。これは絶対やってはいけません。電気毛布を使う方もいるかもしれませんがあくまで寝る前までにしましょう。電気毛布は帯電しやすいです。静電気は血行を阻害するため冷え性の原因となり得るとされているので注意しましょう

 

 

 

 

 まとめ

 

冷え性の原因は生活の不規則が主です。一般的に健康的な生活を送っていれば冷え性はほぼ治せます。
冷え性はこれらの体温調整メカニズムが狂うことにより生じますのでそれらの原因を解消していきましょう。

方法は食事(主にビタミンEをとりましょう)、運動(朝活して体温、代謝量を上げましょう)また筋肉量を増やし熱産生率を上げましょう。間違った生活習慣を見直しましょう。特に重ね着や寝るときの靴下は絶対にNGです

 いかがでしたでしょうか。どれもすぐに実践できるものだったかと思います。

基本的に冷え性は治せるものですのでサクッと治してより豊かな生活を送りましょう。もう、いろんな場所で冷え性に悩まなくてもいいように!!

 

他にも多くの女性の悩みを解決するために色んな記事を書いています。便秘や肌荒れ、PMS(月経前症候群)などなど

 

気になるものがあればご覧になっていってください。

 

www.awachan.work

 

プライバシーポリシー