GEブログ

自分の知識が皆様の役に立てればと思います。Twitterもやってます。Twitter ID GE(shota.nakahara)

配合成分 種類別効果一覧【乳酸菌、糖など】

f:id:awachanel:20190920192108j:plain

乳酸菌の種類とその効果

 

 

配合成分 種類別効果一覧

 

ビフィズス菌

ビフィズス菌とは腸内の有害菌増殖の抑制に働く善玉菌です。

それにより腸内フローラバランスが改善し、有害菌によって生成する

腸内腐敗産物(アンモニア、インドールなど)が減少し、排便状態が改善します。

下痢や便秘の改善の手助けをしてくれるものです。

また、腸内フローラバランスが整うことにより感染予防の効果も発揮します。

 

ナノ型乳酸菌

 ナノ型乳酸菌は、粒子の直径が1ミクロン未満のとても小さな乳酸菌です。

 

乳酸菌は「生きて腸に届く」と強調したものが多いのですが

長年の研究結果から、現在では生死に関わらず、乳酸菌の「粒子」が

腸の免疫組織にある種々の免疫細胞に働きかけることで、

整腸だけではなく免疫調整や老化予防などの様々な働きが期待できることが

明らかなっています。

 

粒子の小さい乳酸菌は体内へ取りこまれやすいため、免疫細胞を活性化させ細胞間への伝達物質を作り出すことで、免疫力を高めます。

 

そのため、病気の時は免疫力が落ちているのでナノ型乳酸菌をとるようにしましょう。

また、胃腸が弱っている時も一緒です。

 

生きた乳酸菌だけでなく腸内にしっかり取り込まれやすいナノ型乳酸菌のような粒子サイズの小さい乳酸菌を大量にとることも重要です。

 

 

ラブレ菌

ラブレ菌は、自ら作り出すネバネバ成分(細胞外多糖:EPS)をまとっています。

このネバネバが鎧のような役割をしており、消化液に対して高い耐性を持ちます。

 

ラブレ菌が腸内で生き続け、免疫力を高める作用やお腹の調子を整える作用が生じると言われています。

 

ラブレ菌の効果はお通じの回数が増加すること。

腸内の善玉菌であるビフィズス菌の占有率が上昇します。

 

腸内のサポーターというわけです。

 

 

フェカリス菌

フェカリス菌とは、人間の体内にもともと存在する乳酸菌の一種です。

ビフィズス菌などの乳酸菌は、生きたままの生菌としてヨーグルトなどに添加されますが、フェカリス菌は加熱殺菌処理をした死んでいる菌として添加されます。

 

フェカリス菌も他の乳酸菌と同様に腸内環境を改善する効果がありますが、

特に免疫力向上効果が高いと言われています。

 

フェカリス菌は死菌の状態で摂り入れても効果を発揮します。

死菌の状態で腸内に摂り入れると、乳酸菌などの善玉菌のエサとなるため、

善玉菌を増殖させ、悪玉菌を減らす働きがあります。

 

主な役割としては善玉菌のエサとなることです。

特徴として死んだ菌のため生菌のように消化の課程で失われる心配がなく

安定した量を一気に腸へ届けることが出来るメリットがあります。

 

しかし、死菌は効果を発揮するために大量に摂取しなければならないというのが

デメリットといったところでしょうか。

 

 

 

有胞子性乳酸菌

有胞子性乳酸菌は、普通の乳酸菌と異なり、殻につつまれた「胞子」という状態になるのが特徴です。

殻で守られているため、酸や熱にとても強く生きたまま腸まで

ほぼ死ぬことなく腸までしっかり到達することができます。

 

効果は腸内では悪玉菌を抑えてビフィズス菌などの善玉菌をサポートします。

 

ただし、摂取をやめると約1週間で体外へ排泄されてしまいます。

持続性のなさがデメリットと言えるでしょう。

 

 

 

ケフィア

ケフィアは乳酸菌というわけではないのですが、サプリメント成分に

良く含まれているので紹介します。

 

このケフィアというものはヨーグルトのようなものです。

ですが全く別物です。

 

日本では『腸まで届くヨーグルト』みたいなものを売っていますが

実はヨーグルトは腸まで届きません。あれはほとんどケフィアです。

(全てといっていいのか曖昧なためほとんどと言っておきます)

 

作られ方や使用する乳酸菌が違います。

ヨーグルトはブルガリア菌やサーモフィルス菌などを使用しますが

ケフィアは有名なビフィズス菌などにより作られます。

 

ん?って思いましたか?

国際的な定義では腸まで届くものはケフィアと呼ばれるのです。

しかし、日本では発酵乳に使用した菌を差別化していませんので

ヨーグルトと呼ばれているんですね。

まぁでも簡単に腸まで届くヨーグルトのことと思ってていいと思います。

 

 

 

サプリメント選びの時この情報を知っておくとどれが自分に合っているのか

判断材料になるかもしれませんよ。

 

また随時、菌などの成分がありましたら追記していきます。

 

 

オリゴ糖

 3糖類以上の糖類をオリゴ糖と言います。

 

役割としては乳酸菌のエサになり乳酸菌の活動を活発にしてくれます。

消化に強く、熱にも強いため腸内までたどり着くことができます。

 

砂糖より甘さが1/4程度で甘さすっきり。

虫歯菌のエサにはならず砂糖よりも虫歯になりにくい

 

 

GABA

GABAは、わたしたちの体内にも存在する天然のアミノ酸の一種。

正式には「γ-アミノ酪酸(Gamma Amino Butyric Acid)」といいます。

 

 GABAはわたしたちの体内で神経伝達物質として働き、ストレスを和らげて

脳の興奮を鎮める効果があるとされている成分です。

 

体をリラックスさせる働きがあるため、安眠や血圧低下にも役立つことが確認されています。リラックス作用のあるGABAは、自律神経のバランスを整えることに役立つ成分です。

 

 

スピルリナ

スピルリナはらせん形をした緑の藻 のこと。

効果はアミノ酸バランスの優れたたんぱく質が豊富で食物繊維も多い。

 

 葉緑素やカロテノイド(β-カロテン、ゼアキサンチン)、フィコシアニンなどの植物性色素も含む。 β-カロテンが豊富、ビタミンB群などの補給にも 適している。

 

 鉄・カルシウムなどミネラルの補給に役立つつ。

 消化吸収率が95%と高く、内容成分が利用されやすいという特徴がある。

 

わかりやすく言うと栄養成分を多く含んだスーパーフードです。

 

 

 その他気になる言葉の意味などはこちらから

 

www.awachan.work

 

 

www.awachan.work

 

プライバシーポリシー