GEブログ

自分の知識が皆様の役に立てればと思います。Twitterもやってます。Twitter ID GE(shota.nakahara)

【アメリカではすごい地位】理学療法士の社会的地位【日本ではマイナー】

f:id:awachanel:20191023210540j:plain

アメリカと日本での理学療法士

アメリカでの理学療法士の社会的地位はすごい

あなたは理学療法士というものを知っていますか?ケガした時のリハビリをする人くらいの知識はありますか?実はアメリカでは理学療法士ってすごいメジャーな職業で医者と同等程度の認知度と給料や様々な権利があるんです。

例えばアメリカでの理学療法士は開業権があります。理学療法士が施設を運営することができるのです。この辺のことを記事にしていますので気になる方はさらに下へとお進みください

 

 

理学療法士に開業権がある

日本では理学療法士という資格だけでは開業することができません。さらにいうと医師の処方がでて初めて理学療法士は治療を行うことができるのです。

それに対しアメリカでは自ら開業することもできますし、医師の処方がなくても治療行為を行うことができます。それだけ、理学療法士という資格が信頼されているという事です。

 

日本の場合
医師が患者の状態を判断し適切な治療を選び理学療法士に指示を出す 

 

 

アメリカの場合
理学療法士が直に患者の状態を判断し直接手を加えることができる

 

 

これって大きな違いですよね。自分の判断で治療を選択することができるんですよ。そのためアメリカでの働き方は多種多様です。病院だけでなく小学校にリハビリ室を設置したり町で理学療法士屋さんみたいなものまであります。クリニックを開くこともできます。一体なんでこれだけの差があるんでしょうね。

それは信頼度のかと思います。日本と違いアメリカでは理学療法の歴史が長く市民から多くの信頼を得ています。それに比べ日本では理学療法士という名前を知らない方もいるかと思います。つまり、市民から医者と同等程度に信頼を置いているかどうかの違いではないでしょうか。

 

正直、日本の理学療法士がそこまでアメリカの理学療法士に劣っているとは思いません。確かに理学療法士なるまでの道のりがアメリカの方がハードではありますが、行っていることはほとんど変わりません。

なぜそう言い切れるか

 

両国ともに同じ学術(エビデンス)を使用しているから

 

 エビデンスとは国際的に効果が認められている治療法です。このことから治療内容は大きく変わりませんし、今では文化の違いもさほど大きな変わりはないはずです。

 

ぶっちゃけ日本でも医師が処方して治療を行うということになっていますが、ほぼほぼ病態の把握、現在の身体機能評価とそれに伴う患者に合わせた治療プランは私たち理学療法士が組んでいますしね。

医者は患者の身体のことはわかっても、日常生活あるいは趣味活動における足りない身体機能もとい治療方法はわかりません。当たり前です。習ってきた専門分野が違いますからね。

医学的観点から見た身体へのリスクは医者が詳しく、目的とする動作の獲得に必要な運動は理学療法士の方が詳しいわけです。

 

それを医者が指示を出してなんて方法をとっていること自体が変な話ですよね。僕らだって病気のことは医者に聞くでしょ?運動の事は理学療法士に任せなさいよって思います。

まぁ医者の価値を下げないように政治的圧力頑張っておられるんでしょうね。

 

 

給料の違い

日本の理学療法士の給料は平均で年収350万~400万円前後。それに対しアメリカは1.000万円程度あるというのだからびっくり。まぁ医者と同様に治療が行えるのだから当然っちゃ当然か。

自分でクリニックを立ち上げることができるとこうも違うのか。

でも、それだけ国際的に人気でもあり認知度も高い職業ってことは今後、診療報酬改定により給料が変わってくる可能性もあるってこと。でも忘れちゃいけないのが日本は医療保険制度を導入していること。つまり税金で医療費を賄っているので国の貯蓄には限界があるってことですね。ほんとに税金が足りないのかって話は置いといて。

アメリカは自由診療なので医療費がめちゃめちゃ高い代わりに稼ぎ方が一般企業に近いですから儲けようと思ったら多大な可能性があるわけですね。

皆が平等な医療が受けられるという尊い法律ではありますが日本のように余計な医療費がかさんで稼ぐ方への弊害となっているのも事実。どちらがいいとは言いませんが少しずつ変わらなくてはならないのは間違いないですね。

みなさんもアメリカに渡って理学療法士を目指しますか?

 

 

まとめ

 

・理学療法士は日本とアメリカで様々な差がある
・信頼度、権利、給与の面でアメリカでは好待遇
・日本よりアメリカの方が理学療法士になるまでの道のりがハード
・しかしながら行っていることはあまり変わらない
・日本でも好待遇になる日が来る?(期待薄)

 

いかがでしょうか。この記事で一番感じて欲しかったことは自分が経験していることが普通ではないという事。海外ではこんな違いがある。日本が普通と思ってはいけないという事です。海外のシステムを多く取り入れようという事ではなくあなたの視野が狭くなっていませんか?ということです。

日本の風習なんて世界のごく一部でしかないのだからもっと広い世界を知りましょう。それによりあなたの可能性はどんどん広がると思います。

それでも僕は日本が好きですがね(笑)

 

他にも理学療法士になるためにはという記事も上げておりますのでよければ読んでみてください。

www.awachan.work

 

何かを始めることに遅すぎるなんてことはありません。いくつになっても行動を起こしていきましょう。

プライバシーポリシー