GEブログ

自分の知識が皆様の役に立てればと思います。Twitterもやってます。Twitter ID GE(shota.nakahara)

理学療法士【ロードマップ】

f:id:awachanel:20191023210600j:plain

理学療法士までの道のり

 

理学療法士とは

主にリハビリを行う人という認識が強いのではないでしょうか。ですが実際には少しだけ違っていてリハビリという分野以外でも働くことができます。理学療法士の定義はこのようになっています。

理学療法とは 身体に障害のある者に対し、主としてその基本的動作能力の回復を図るため、治療体操その他の運動を行なわせ、及び電気刺激、マッサージ、温熱その他の物理的手段を加えることをいう

 と理学療法士および作業療法士法に定義されています。つまりは身体機能を高めるあるいは取り戻すために色んな方法を用いる人のことです。身体機能とは筋力や関節可動域、神経系や感覚といった身体の機能のことです。

なのでリハビリ分野でなくても仕事をすることは可能というわけです。例えばスポーツ講師や専門トレーナーとなって理学療法の知識を扱うこともできるでしょう。他にも健康推進のために地域の方々に貢献する場合にも活用できる資格です。昨今では理学療法の知識を活かして様々な取り組みが行われていますので働き方はまた後日紹介していきます。

 

では一般的に知られている働き方であるリハビリとはなんなのか。定義を見てみましょう

リハビリテーションとは、能力低下やその状態を改善し、障害者の社会的統合を達成するためのあらゆる手段を含んでいる。 リハビリテーションとは、障害者が環境に適応するための訓練を行うばかりでなく、障害者の社会的統合を促す全体として環境や社会に手を加えることも目的とする。そして、障害者自身・家族・そして彼らの住んでいる地域社会が、リハビリテーションに関するサービスの計画と実行に関わり合わなければならない。

 とされています。要約するとケガや病気で低下あるいは失った機能を改善または代償し本人・家族が住み慣れた地域で満足のいく生活を提供していくというものです。

元々、リハビリテーションの意味は社会的復権という意味ですので筋力をつけたり動きを良くしたりというのはその人が地域で元の生活に戻るためのツールの1つでしかないということ。結論を言うとリハビリテーションは理学療法士だけでなく医師や看護師、介護士、社会福祉士、栄養士などなどの当人の助けとなる行為全てのことを言います。

 

ケガや病気によって入院した方をもとの生活に返してあげるのがリハビリです。さらに理学療法士とは身体の機能を高めることに詳しくその専門知識をリハビリ分野で取り扱うことと僕は解釈しています

 

 

理学療法士になるには

 理学療法士は国家資格のため国家試験を受けなければなりません。また、短くて3年の通学が受験資格となっています。最近は4年制がほとんどのようですが。

国家試験の倍率はさほど高くはありません。70%~80%程度でしっかり備えれば高難関ではなかったように感じました。とはいえ、3年半の通学にプラスし試験対策に費やした期間は半年ほどで1日10時間くらい勉強しましたがね。やればできるのが理学療法士試験。

 

学生生活の実際

 それに関しては別記事にて紹介していますので僕が通った学校のスケジュールを参考にしてください。

 

【僕は21歳で入学しました】理学療法士専門学校の1日を教えます【夜間部がおすすめの理由】

 

【僕の体験談】理学療法士専門学校の実習【実習の1日】

 

 

 

職場での実際

正直、これは職場によって大きく変わるかと思います。

僕がわかるだけでもこれだけの職域があります。

 

・急性期病院(ケガや病気をしてすぐ行くところ)
・回復期病院(リハビリを中心に行うところ)
・維持期病院(看取るところ)
・老人保健施設(老人ホームと思ってもらっていいかな)
・訪問リハ(利用者の自宅にお邪魔する)
・通所リハ(施設に通ってもらってもらう)
・教員
・講師(同業者に教える。あるいは一般人に教える)
・スポーツインストラクター
・ネットビジネス(ブロガーやYoutuberなど)

 

大事な点としては病院や施設などは診療報酬つまり国からお金をもらうことができる。対して講師やインストラクターは一般企業と同じように売り上げに応じて報酬を得る。

安定を得るなら病院や施設。リスクはあるが給料を伸ばしたいならその他ということになりますね。

 

ちなみにリハビリに携わる多くの方は回復期病院(別名:リハビリテーション病院)で働いています。僕もその1人なのでより現場のことを教えることができます。

詳しく知りたい方はこちらの記事を参照ください。

 

【理学療法士の卵へ】学生が身につけておくべき臨床思考【回復期病院での考え方】

 

理学療法士には筋肉が必要【その理由は3つ】

 

 

あとがき

理学療法士は本当に尊い職業で高齢者が増大する今後さらに必要度が増していくでしょう。働き方もどんどん変わってくると思います。一生使える資格でもあるのでぜひ理学療法士になることを考えてみてください。

ちなみに僕がやっていた勉強方法と勉強場所の紹介についてはこちら

【学生必見】おすすめの勉強方法【勉強場所も紹介します】

 多分、勉強する上で役立つと思います。

プライバシーポリシー