GEブログ

自分の知識が皆様の役に立てればと思います。Twitterもやってます。Twitter ID GE【身体の専門家ブロガー】

【子供に怒るべき?】子供が失敗したときの対応【能力別対応方法を教えます】

子供が失敗したときの対応

 

子供が失敗を犯した時、あなたならどんな対応をとりますか?もちろん、失敗の種類や場合によってその対応は変わってくるかと思います。

 

ですが、こんなことありませんか?『つい激情に任せて怒ってしまう』僕は正直あります。子供のためを思うのではなく自分の怒りを解放したいがために怒る。良くないとは思いつつもやってしまう時がある。

 

この記事では子供が失敗したときにとるべき対応の種類の紹介と少しだけ怒りを抑えあくまで子供のために指導する方法が紹介できたらと思っております。

 

 

 

子供の失敗に対しての対応の種類

 

怒る

 【怒る】という行為はあまりやらない方がいいとは言いつつも、やってしまうこともあるしやらざる負えない場合もある。

 

例えば

仲間を粗雑に扱ったりなどの『絶対にやってはいけないことをした場合』怒ることによって子供にこれをしたら怒りが飛んでくるということを身体に覚えさせる必要がある時です。

 

もうひとつ、周囲への戒めの対象とする時です。子供を怒る姿を見せることによって周囲の怒りを請け負い、今後自分の子供がまた周囲と馴染みやすいようにします。

 

【怒る】と【叱る】 は似ていますが感情をぶつけることが怒る。導いてあげることが叱るという風にされています。

 

怒るを用いる際というのは自分のためあるいは子供の周囲の人のためということがほとんどでしょう。基本的には子供が悪事とわかっていてやっていることに対してとる行為かと思います。

 

 

叱る

 先ほども言いましたが怒るとの違いは【子供を導くこと】にあります。どういうことかというと、子供は真っ白な原石なわけですよね。間違った方向に進みがちな場合もあるでしょう。

叱る場合はより子供中心に物事を考えてあげましょう。子供がどんな思いで悪さをしたのか。子供目線で見てあげます。

 

 怒ると似ていますが、あくまで子供にいけないことを教えるというのが一番の違いなんじゃないでしょうか。

 

基本的には小さい子供には叱るを用いることが望ましいと言われていますね。だって子供は何がいいのか悪いのかわからないもの。いけないことを教え込んであげましょう。

 

 

 

 

悟らせる

 悟りというのは発言を用いたり用いなかったりで子供自身に考えさせること。親御さんのコンタクトはありますがそれは思考の強制ではなく、あくまで子供自身に思考させることに意味があります。

 

子供自身も行った行為や失敗がいけないことだったと理解している場合は何がいけなかったのか、どうするべきだったのかを考えさせることによって今後に生かせるように記憶させます。

 

 意図していなかったが結果的に悪い結果になった。そういった場合の反省に用いることが多いのかもしれません。

スポーツでの失敗や相手を傷つけてしまった場合でも使うこともありますね。方法としては『あのときの行動についてどう思う?』とか。『相手は傷つているんじゃないか?』などの問いかけを投げかけてあげることです。

 

それにより子供は自分のミスに気づきどうするべきだったのかを考えます。叱って導くことは簡単ですができる限り自分で思考させた方がいいです。

 

理由は社会に出ると自分で解決してはいかなくてはならないから。

 

今のうちから自分で反省できるようにしておきましょう。

 

 

指摘する

 悟らせると似ていますがここでは子供が失敗に気付いていないときに気付かせてあげることを目的とします。

 

『ここは良くなかったよ』と質問を投げかけるのではなく明確にしてあげましょう。

 

気を付けるポイントとしては最初からこの方法を使うと子供の気づく能力、思考能力向上を妨げてしまいますので、問いかけても全くわからない場合に用いてみましょう。

ここで気を付けるのはあくまで指摘までにとどめることです。その先はまた自分で考えさせてみましょう。

 

 

助言する

 子供が自分のミスに気づき考えてはいるがどうも上手く解決策が見つけられないときに行う対応じゃないでしょうか。

 

どうしても親御さんのアイデアが必要だと感じたときに『ここがこうなんじゃない』『こうした方がいいんじゃない』と助言してあげましょう。

 

 ただし、助言する行為というのは実はかなり難易度が高いです。助言した結果が悪い方向に働けばそれは親御さんの知識不足ということになります。

 

交友関係に関しての助言は特に難しい。理由は当事者のことを親御さんはよく知らないから。これに関してはホントに慎重に進めた方がいい気がします。それよりもよく見ている保育士や教師に助言を仰いだ方が良いこともあるかもしれません。

 

もちろん、先ほども言いましたが悪事を働いた場合は怒る、叱るを行いますがね。

 

スポーツや運動に関してのことであれば親御さんの知識次第で教えることも可能でしょう。そのためには親御さんがまず知識を蓄えなくてはならないです。

さらに言うとスポーツを教える場合はまず【信頼関係が欠かせない】のでそこから学んでもいいのかもしれません。

 

僕は他の記事で【運動に関して】の記事をたくさん書いていますのでよければそちらも参考にしてください。この記事を読んでくださっている方にはコレらがいいかなというのを載せておきますね。気になったものを読んでいただけたらと思います。

子供の練習に意味を持たせよう【おすすめのアドバイス方法】

 

【運動学習を進めるコツ】運動予習をしておけ【アドバイスの吸収率爆上がり】

 

【信頼感が大事】子供にスポーツを教える時に第一に必要なこと【僕が考える方法を教えます】

 

【子供に勇気を与えよう】スポーツの壁をぶち壊せ

  

 

さらに子供にスポーツでトップを目指してほしいという方には僕が書いている書籍をおすすめします。

有料にはなるのですが、スポーツで上を目指すうえで必要な情報を論理的に示していますので再現性がかなり高いんじゃないかと思います。

いくらいい練習、良い方法があっても子供は皆、1人1人骨格も違うし精神力も違う。それぞれの子供に合った選手像や練習方法を身につけてもらえればと思います。

 

プロ選手が教えるから良い指導というのであればみんなプロになれるはずですよね。そうじゃないのは1人ずつ個性が違うからです。

 

そこまで考えた書籍なのでぜひ読んでみてください。ちなみに無料部分だけでもかなり有益な情報が載せてありますので一度、ご覧になってください。

子供の運動能力爆上げnote|GE【身体の専門家ブロガー】|note

 

 

 

放置

 実は放置というのも時には必要な対応です。子供に自ら気付かせ、方法を試行錯誤し望む結果をつかみ取る。

 

なんでこの方法が有効かというと一度この手段を覚えると色んなことに応用がきくから。おそらく、自分の中で気を付けるポイントやどうすればいいかの検討が付きやすくなり社会に出たときにかなり有利になるんじゃないでしょうか。

 

放置といっても全くノータッチというわけではなく、親御さんは陰ながらに応援して見守ってくださいということ。

 

僕も2歳の娘がいますが放置することはまだできておりません。将来、しなくてはならないと思うと胸が痛いです。つらいでしょうが、いずれはしなくてはならないこと。

 

さて、今回はこの辺で終わらせていただきますね。子供の運動に関してたくさんの「情報を掲示していますのでよければ他の記事も読んでいただき参考にしてください。

 

子供さんの未来のために今のうちから親御さんが行動しておきましょう。知識を身につけるのもその一端です。

 

プライバシーポリシー