GEブログ

自分の知識が皆様の役に立てればと思います。Twitterもやってます。Twitter ID GE【身体の専門家ブロガー】

【親御さん必見】子供はいつから運動させるべき?【ゴールデンエイジって何?】

子供はいつから運動させるべき?

 

こんにちは理学療法士のGEです。

親御さんの中で『子供に将来スポーツをさせたい』『運動ができるようになってほしい』という方は非常に多くそんな親御さんの最も多かった疑問が

タイトルの通り【子供っていつから運動させた方がいいの?】

という疑問でした。

 

そこで今回は子供はいつごろから運動させた方がいいのか。という内容を具体的に理論的にお教えしていけたらと思います。

 

結論から申し上げますと

【2~3歳くらいから始めるといいです】

 

その理由はこちら

 

 この画像の解説を文中またしていきますのでもっと見たいって方は先にお進みください。

 

運動発達曲線の解説

先ほどの運動発達の曲線について少しだけ詳しく教えていきます。

f:id:awachanel:20200204203144j:plain

引用:ゴールデンエイジとは?子供をアスリートにしたい人は必見です。 より

この画像のように2歳ころから神経系の発達が急激に伸び始め、8歳ころには大方の神経が完成されつつある年齢となります。

なので2歳ころから運動神経が発達するような練習をいっぱい行っておくべきだと言えるでしょう。

 

とはいえ、小さな子供に一番大事なことは子供自身が楽しいことです。

 

その理由は精神的ストレスは神経の再生および成長を著しく阻害するという裏付けがあるからです。

 

いくら子供にスポーツで大成してほしいと強く願っても子供が運動に対して興味を持たなければ、それはただの親御さんのエゴということになってしまいます。

 

なので、子供が興味を持ちそうな運動を選んであげたり、子供自身が自ら興味をもつ年齢となるまで待ってあげるのも1つの方法かもしれません。

 

結構、幼少期からの英才教育が大事!みたいなことが世に流れていますがそれは全てが正解というわけではありません。ついでに言うと精神的ストレスは運動神経の発達の阻害因子となるだけでなく運動学習の阻害因子でもあります。

 

簡単に言うと運動神経も悪くなるし、運動を覚えるのも遅くなるということですね。

 

この点は本当に注意をしてほしいところです。

 

あくまで子供が喜んで遊ぶことが一番大事だということを肝に銘じておいてください。

 

ついでですが、僕は子供の運動能力を最大限に高めるための記事をたくさん書いておりますのでよければこちらも参考にしてください。

子供に指導する場合がまず【信頼関係が欠かせない】どうすれば信頼関係が築けるのかを解説しています。もちろん、子供によって方法は違うし正解はないですが1つの方法や考え方だと思って見てみてください。

【信頼感が大事】子供にスポーツを教える時に第一に必要なこと【僕が考える方法を教えます】

 

 

ゴールデンエイジってなに?

ゴールデンエイジとは運動神経が主に発達する2歳ころから15歳ころまでのことを言います。

 

この時期に運動神経は完成しますので運動を積極的にさせた方がいいですよという造語です。

 

ゴールデンエイジの中でより運動発達を促すような練習をすることが強く推奨されています。世界のトッププレイヤーたちも幼少期から運動し始めていることからかなり信憑性の高い研究結果なのではないかと思います。

 

ちなみに【子供に運動をさせる有用性】につきましては別記事にて紹介しています。例えプロ選手に慣れなくても子供に運動をさせる意義は大いにある。そのことを解説しています。

子供にスポーツをさせる有用性【将来のためにさせるべき?】

 

 

では一体どんな運動をさせるべきなのか?それは子供の性格や興味関心・運動能力に応じて変えるべきだとは思いますが一応、僕がおすすめする遊びを紹介しておきます。

 

 

どんな運動をさせようか?

 小さな子供(2歳~3歳)にさせるべき運動は3つ

・ボール遊び

・真似っこ遊び

・パズル(難しければたくさんの物の中から目的物を探させる)

 

実はこれについては有料コンテンツを販売しています。

なぜこれをするべきなのか。一体どんな能力を伸ばすことができるのかまでを詳細に書いていますので気になる方は見にいらしてください。

 

お値段は500円で販売しています。ちなみに無料部分で全容がわかるようになっていますので買わなくても十分実践できる内容かと思います。

 

興味がある方はぜひ

子供におすすめの遊び【運動能力を伸ばせる保証付き】|GE【身体の専門家ブロガー】|note

 

 

 

 

さて次に比較的大きな子供(すでにスポーツをしている)にはどんなことをさせるべきなのか。

 

実はこれも有料でコンテンツを販売しております。この記事につきましても無料で半分くらい見れるようにしていますので興味ある方はまず無料部分を参考にしてください。

 

このくらいの子供にはある程度、食事管理や運動管理をしていかなくてはなりません。それができるのは常に一緒にいる親御さんだけです。

 

実践するしないはともかく、親御さんが必要な知識を身につけておくことはとても大事なこと。もちろん、僕が考えていることだけが正解でもないので参考程度にしていただけるといいのかなと思います。

文字数は15000文字でこの記事のおよそ5倍くらいになります。おそらく、有益な情報がたくさん載っていますので興味ある方はこちらも見てね。

子供の運動能力爆上げnote|GE【身体の専門家ブロガー】|note

 

 

さてさて、少しだけ長く僕の有料コンテンツの紹介をして参りましたが、もう1つだけ大事なことをお伝えします。

子供にスポーツをさせるうえで大事なことは【やる気】です。 めちゃくちゃ普通のことを言っていますがこれは本当に欠かせません。

 

やる気の出し方を僕も研究している最中です。もしもいい案があるならば教えてほしいくらいです。ですが、ここで一応、僕が考えうる【やる気】の出し方を別記事にて紹介していますのでよければそちらも参考にしてください。

【スポーツにはやる気が欠かせない】どうやって子供自身のやる気を引き出せるのか考えてみた

 

 そろそろこの記事も終わりを迎えます。もしもこの記事を最後まで読んでくださった親御さんには伝えたいことがあります。

 

それは読んだ内容をすぐに実践してみてください。無料でも有料でも関係ない。読んだから子供が上手くなるわけではないですのですぐに行動に移しましょう。

 

もしかしたらこのことがこの記事で一番大事なことかもしれません。子供の時間は思ったよりも有限で少ないです。本当に子供に大成してもらいたいと思うなら知識を得るべきだしすぐに行動しながら試行錯誤するべきです。

 

子供が大成するかどうかは8割がたあなたにかかっています。

 

他の子供よりも一歩先に進んでほしいと願うならばそれなりの行動量が必要だということを忘れないでください。人と同じ分だけ行動しても抜きん出ることは決してないですからね。

 

僕も2歳の子供がおりますので一緒に子供を大成へと導いてあげましょう。それでは今回の記事はここらで終わります。あなたの子供の才能が開花することを願っております。

 

 

プライバシーポリシー