GEブログ

自分の知識が皆様の役に立てればと思います。Twitterもやってます。Twitter ID GE(shota.nakahara)

理学療法士には筋肉が必要【その理由は3つ】

f:id:awachanel:20191031214602j:plain

筋肉が必要

理学療法士には筋肉が必要

理学療法士の業務上筋肉が必要だと僕は思っております。その理由は3つ

 

患者の介護あるいは介助で使う
②介護によるケガの予防
③見た目が与える患者への印象

 

 正直、これがこの記事の内容のすべてだと思うので理解された方は読むのはここまででもいいかもしれません。

一応、この3つの理由について解説をしていきますね。気になる方はご覧になってください。

 

目次

 患者の介護あるいは介助で筋肉が必要

f:id:awachanel:20191111201312p:plain

介護する場面

 

この画像でもわかるように介助って力を使うんですよ。患者は軽い女性ばかりではありません。時にはヘビー級の男性で全介助の方なんてのもいらっしゃいます。

ちなみに僕が経験した最高体重は80㎏で覚醒状態が悪く全介助の方がいらっしゃいました。体重50㎏程度の方でも全身の力が抜けているとメチャクチャ重いです。転倒させないように安全に介助するためにはそれなりのパワーが必要です。

当然女性セラピストにも重たい方を受け持たせることもありますので女性ならパワーが必要ないということはありません。多少考慮はしてくれるでしょうけどね。

 

介助場面で筋力がいるのにはもう1つ理由があります。それは訓練するときに介助者のパワーがある方が圧倒的に患者に効率よくアプローチすることができます。

どういうことかというと長下肢装具装具を使った歩行での介助もパワーがあれば歩行距離を拡大できますし生じやすい代償運動の抑制を行うことができます。

他にも自分だけでは少し下肢の支持性が足りない患者を立たせたり、座らせたりいろんな場面でパワーが必要です。もちろん他のセラピストの力を借りるのも1つの手ですが時間的効率を考えるとできるだけ1人で行う方がいいでしょう。

 

とにかくパワーがあれば訓練の幅が広がるということです。

 

 

介護によるケガ予防

重たい患者を介護すれば介護者の身体にも影響があるでしょう。僕の職場の看護師やセラピストも腰痛持ちや腱鞘炎になる人が多くいます。

この間は上腕二頭筋長頭腱炎になって労災保険で治療している人もいたくらいです。それにより職場の長期離脱あるいは業務制限が設けられます。

腕力だけの話ではなくて体幹の強さも介護者には必要な能力だと言えます。つまり筋肉がある理学療法士はそれだけで職場で重宝されるということです。そりゃあどんな患者でも任せられてケガもしないってことは大きなアドバンテージですよね。

 

患者のケガや病気を治療することも大事ですが自分の身体を守るって意味でも筋トレは必要なんじゃないかと思います。実際に僕も日頃、筋トレしてケガの予防に努めています。なにもムキムキになれって言ってるわけではなくて業務上でケガしないようになにかしら対策をしておいた方がいいですよってことです。

 

 

見た目をよくしよう

これは僕が個人的に感じることですが患者から得られる信頼度が違います。まぁそんなにムキムキでなくてもいいのですがデブははっきり言ってそれだけで損します。だってあなたもデブに『健康のために痩せましょうね』なんて言われたくないですよね。それにどうせなら太めの人よりもスタイル良い人に指導してもらいたいと思いませんか。

私たちが想うってことは患者もそう感じる人が多いってことですよ。

 

僕も筋トレをし出してから患者とのトラブルが少なくなったように感じます。単にキャリアが上がって対応力がついただけかもしれませんが。どちらにせよスタイルが良くて損することはほとんどないと思います。逆に太めの人はかなり損すると思いますよ。

 

 

まとめ

まとめるほどでもないのであまり多くは書きませんが筋トレした方が業務上都合がいいことはわかりましたよね。逆に身体を怠けさせると怒り得るデメリットも理解できたかと思います。

男女関係なく必要とされる人材となるために筋トレも視野に入れておくべきだと私は思います。

 

また、気になるトピックスがあったら皆さんに発信していきますね。

 

プライバシーポリシー