GEブログ

自分の知識が皆様の役に立てればと思います。Twitterもやってます。Twitter ID GE(shota.nakahara)

【理学療法士学生に教える】病院では稼げない理由【他の職場と比較】

 

f:id:awachanel:20191111201225p:plain

病院勤務が稼げない理由を説明

病院で働いても稼げない

僕もそうだったんですが、学生時代ってどの職場がどのようなお給料でどんな昇給システムかわからないですよね。僕がわかる限りで病院のお給料の実態と他の施設のお給料との比較をさせてもらいます。

まずわかりやすく結論から言いましょうかね。病院で高給は望めません

その理由については後で解説していきます。それよりも病院とその他職場への考え方をざっくり教えます。

●安定をとるなら病院
● 職場によって差はあるが高給の可能性がある訪問リハやデイサービスなどの個人経営

●一攫千金狙うなら自由診療のトレーナー

 といったところでしょうか。もっと詳しく知りたい方は先へお進みください。

 

病院の給料と昇給システム

学生向けに嚙み砕いてわかりやすく説明していきますね。

病院の収益は医療保険つまり国民の税金から得ています。それゆえに大金を儲けようと思っても医療保険の中の範囲内でしか収入が得られません。会社がそれだけの収益と決まっているということは社員のお給料も爆発的に上がることはありません。というより上げれません。

病院の収益=病床数+外来 ということになると思います。病床数は増やすことができないことが多いと思いますので後は外来頼みということになります。

昇給に関しては経験年数×数千円程度で役職につかないと大幅な給料アップは望めないでしょう。

 

しかしながら、病院のいいところは安定感にあります。多くの病院は患者さんつまりお客さんが減ることがありません。僕の病院でも常に満床ですので病院の収益が減ることはあまりありません。よって社員のお給料も安定して支払われます。

失業リスクや減給などのリスクを減らして安定したお給料が欲しいという方は病院勤務が向いているかもしれません。

もう1ついいところが多くの症例を見ることができるという点です。クリニックや老健などでは入院中の患者は見れませんからね。経験値という意味ではかなり高いと思います。僕もかなりの症例と経験を積ませてもらいました。急性期・回復期は病院でしか見れませんし装具療法も病院でしか作成しないでしょう。(多分)

 

僕も最初は安定しているお給料が欲しいと思い病院勤務となり、今でも働いていますが昇給システムにやや不安を覚えます。5年働いても1万円程度しか基本給が変わりませんからね。将来が不安にもなるでしょう。そのため、病院勤務の人は5年程度で辞めていく人が続出します。みんな大体、老健やデイサービスに行く人が多いです。僕もそろそろ考えようかな。

 

あと病院は監査なども厳しいことから限りなくホワイトな職場が多いというのもメリットかもしれません。僕は毎日17時には仕事を終えて筋トレして帰っていますからね。

国の規制があってかえって働きにくいということもありますけどね。

 

 

個人経営のデイサービスや訪問リハ

 

f:id:awachanel:20191114202943p:plain

訪問リハ

デイサービスでは利用者の数が多ければ多いほど会社の利益が増えますのでその分社員のお給料も高くなるかもしれません。

僕が学生時代に働いていたデイサービスも最初はマンションの部屋2つ分の小さな施設でしたが徐々に利用者数も増え施設を移転し今ではかなり大きな施設となっています。噂ではお給料の羽振りもかなりいいとか。確かに外車保有率が高かった記憶がありますね。

 

訪問リハでは大きな施設もいらず案件の数だけ会社の収支があがります。僕の知っている高給取りも大体デイサービスか訪問リハに勤めていますね。

 

ですがいいところばかりではありません。最近ではこういった個人で起業する人が増えており利用者の取り合いになっているからです。上手くいけば高いお給料にありつけるかもしれませんが同時に減給やボーナスカット最悪失業リスクもあるのがこの業界ではないでしょうか。

 

僕の知るところだと病院よりも給与が低いデイサービスもあるのも事実です。会社が儲けていなければ自分のところには回ってきません。

 

ただ、理学療法士のいいところの1つで国家資格だということ。他の企業などとは違い中途採用でも受け入れ先は山ほどあります。良い職場はどうか知りませんが。極端な話気に入らなければすぐに辞めて新天地を探すということも可能です。

事前に給与情報、業務内容はしっかり調べておきましょうね。でないと新しい職場を探し続ける羽目になりますよ。

確かに給与は良いけど死ぬほど忙しいなんてこともよく耳にします。その点病院は監査なども厳しいので極端にひどい病院は限りなく少なくなっています。【たまにニュースで報道されたりしますが】

そういったリスクはあるが高いお給料を目指したい人におススメです。

 

 

自由診療のトレーナー 

 日本の理学療法士に開業権はありません。開業権というのは平たく言うと医療保険を利用して営業することができるということ。ただし、理学療法士という資格だけではそれは認められていないため自分で起業する場合、自由診療【利用者が満額負担】ということになります。

 

稼いだお金は税金以外全て自分のものとなりますのでそれはもう稼いでいる人は月収100万円なんて人もいます。プロスポーツの専属トレーナーになったり富裕層の方向けに個人契約を行っていたりなど様々です。

 

しかし、誰でも大成するというわけではないのがこの職域。自分の腕を磨くことはもちろんどうやって顧客を集めるかの戦略も必要になってきます。

 

1人あたりが一日に介入できる時間と人数は限られていますので自分の生計を立てるためには単価を上げる必要があります。1回5.000円~1.0000円などもっと高値に設定している人もいるくらいです。

 

自分の腕を試して一攫千金を狙いたい人にはお勧めですがそれには大きなリスクも伴います。まぁでも稼ごうと思ったらどの方法でも大きなリスクを背負うことになるので大金を手にしたい人は頑張ってください。

 

まとめ

まとめというより冒頭でお話したことのおさらいです。

●安定をとるなら病院
● 職場によって差はあるが高給の可能性がある訪問リハやデイサービスなどの個人経営

●一攫千金狙うなら自由診療のトレーナー

 

僕の場合は最初は病院で多くの症例をみてしっかり知識を蓄えたいと思い病院に勤めました。稼ぐ道は色々あると思います。

理学療法士という仕事をどんどん活用していきましょう。

 

 

プライバシーポリシー