GEブログ

自分の知識が皆様の役に立てればと思います。Twitterもやってます。Twitter ID GE(shota.nakahara)

整体、整骨院の選ぶポイント

f:id:awachanel:20190909105733j:plain

痛みに悩む人

 

整体、整骨院の選ぶポイント

肩こりや腰痛が生じたときどこに行けばいいか迷うことありませんか?

整体の数が多くて何を基準に選べばいいかわからないことはありませんか?

整体、整骨院の違いって何?どっちに行けばいいの?

当てはまる項目はありましたか。1つでも当てはまる方におすすめの記事となってますので読んでください。

 

 

知っておこう

世の中にはいい整体、整骨院もありますが決していいとはいえないものがあるのも事実です。 なぜなら痛みが改善されなくても治療費がとれる。つまり、適当にやってもお金が取れるわけですね。

利用者の悩みに真剣に向き合っているかどうか医療従事者でなければわからない点があると思いますので少しでも選ぶ際の参考にしてもらえればと思います。

 

整体と整骨院の違い

整体とは背骨や骨盤といった身体の中心部分に対し施術を行い身体の歪みを矯正します。身体全体のバランスを整え痛みを和らげたり再発予防を行うことが特徴的です。

 

一方で整骨院柔道整復師という国家資格を持っている点がまず違います。打撲、脱臼に対しての専門的な知識を活かして治療する伝統医療となります。整体との違いは痛みが生じている部分に焦点を当てて治療をすることです。また、脱臼を治療できることでも有名で脱臼した際には有資格者を訪ねることをおすすめします。素人が無理に脱臼を治そうとすると関節や靭帯、筋肉といった組織を損傷してしまう恐れがあるからです。

 

どっちにいけばいい?

冒頭から突拍子もないこと言いますが痛みが出始めたらまず病院に行きましょう

理由は痛みの原因となるものを検査する器具あるいは機械が豊富に揃っているから。MRIやレントゲンとかですね。

原因がわからないまま治療するのは危険です。必ず整形外科などの病院受診しましょう。

 

ここからが本題で

痛みが出始めて2~3週間以内を急性期といいますがその時期は整骨院に行くことをおすすめします。

理由は先述した通り痛みが生じている1部分に対し集中して治療を行うから

 

痛みの出始めでは痛みの原因が痛い部分の周辺にあることが多いためそこを改善する必要があります。低周波など整骨院ではの物理療法器具が置いてあるので急性期治療が行えます。

 

病院で得た情報を整骨院の方に教えてあげるとなおいいでしょう。レントゲンをとってこういう風に言われました。もしくわ実際のレントゲン画像を持ち出せるなら渡してあげるとより具体的に治療が行えるでしょう。 

 

続いて痛みが6か月以上続くときは整体に通いましょう

慢性期と呼ばれる時期ですね。この時期は痛みの原因が実際に痛い場所にあるとは限りません。ですので身体全体のバランスを整えてくれる整体に行くのが望ましいです。

例えば肩こりが酷いのは骨盤の歪みが原因だったり日常の生活習慣であったり、食生活であったりと様々です。

整体に通われるときも施術してくれる方に今までの痛みの経緯をより細かく教えてあげるとよりいい治療が行えるでしょう。

 

整骨院を選ぶポイント

・検査を入念に行い痛みの原因をはっきりと説明してくれる

・施術内容、理屈を説明してくれる

(例)ここがこうなって痛みが出ているから治すためにこれを行います。これはこういう原理でこういう効果をもたらしてくれます。など

 

利用者が「へぇそうなんだ」で終わらずに明確に「理解できました」となれるかが重要です。

 

・万が一の時の対応策を教えてくれる。

こうなったときはこの病院に行ってください。

こういう痛みがでたらこれをしてください。など

 

 

整体を選ぶポイント

・定期的に通える場所にあること。

慢性期の痛みは1回で治るということは極めて難しいです。徐々に治っていくものと思ってもらっていいと思います。そのため、治療結果が出ているのか判断するために定期的に同じ場所に同じ方に見てもらう必要があります。

 

・痛みの原因がなにか推察し理解できるように説明できる。

整骨院でも同じようなことを書きましたが痛みの原因を追究することがなにより大事です。同じ肩こりでもその原因は人によって様々です。

「肩の痛みはだいたいこれが原因ですもんねぇ」など決めつけを行う人は絶対NGです

ただ、慢性期の痛みは原因が1つでないこともしばしばで治療が必ず改善につながるとは限りません。

ですので、「ここの痛みはここがこうなっていることが原因だと思います。だから、これをこんな風に治療してみます」「何日後、様子を見たいのでまた来てください」など何度も何度も試行錯誤を繰り返してくれる方がベストだと思います。

同じ治療しか行わない人は人の身体を理解していないと同義ですので絶対NGです。

 

・生活の中でのアドバイスをくれる

次、来院するまでにこれを試してください。などのアドバイスくれる方がいいです。

慢性期の痛みは生活習慣が問題の可能性が高いので的確にアドバイスしてもらいましょう。

 

総論

整体、整骨院どちらに対しても言えることは痛みの原因を追究するために色んな検査、をしてくれてどういう結果だったか教えてくれる方がいいと思います。

中でも最も大事なのが問診です。治療は問診に始まるという名言があるように問診をしっかりしてくれる人でないと痛みの原因がわからないことが多いと思います。

人によって痛みの原因は様々ですからね。生活習慣や仕事、趣味、どうやってケガしたかなど全く同じ人はこの世に存在しませんので。

 

もう一つ大事なことが!

治療してくれる方にできるだけ多くの情報を提供しましょう

可能な範囲で趣味などの私生活を教えたりこんな時に痛みが出るなどのこちらから情報を教えましょう。伝え漏れがないように事前にメモなどで記載しておくとベストだと思います。

頭で覚えておくよりも確実ですのでおすすめです。

施術する方も神様ではないので情報を与えてあげないとわからないままなんてこともあります。細かいことでもいいので教えてあげるとそれがヒントになり痛みの原因追及が捗るのです。

 

余談ですが整体に関しては施術するのに資格がいらないのが現状で身体に関して無知な方がやっているところもしばしばあります。資格があるから有能ということではないですが、資格を取るために必死で一度は学んでいるはずなので無資格よりは知識が豊かな方の割合が多いです。

無資格の方でも独学により素晴らしい技術を持っている方もたくさんいます。何なら有資格者よりも有能なケースもありますしね。

とはいえ適当に身体をいじってお金をもらっているところがあるかと思うと理学療法士の私からすればただただ悲しい思いでございます。

整体を選ぶ際は特に気を付けてほしいと心より願っております。そして痛みに悩む方が1人でも多く良くなっていただければ幸いです。

プライバシーポリシー